きれいに咲いた枯れた花 

きれいに咲いた枯れた花

割れた花瓶にさし

窓辺に置いた

盛りがついて 化粧していた

真っ赤な口紅がよく似合う

不思議と何でもよく似合うあいつ

いつの間にか造花に紛れ込んでやがった

言わないでもいいよ。おまえが何者か!

恐ろしい 聞きたくない

咲くことのない美しい花

決して咲いてくれない花

海に見える窓辺においたら

大波をおこした。

波にさらわれたとほっとしたら

翌日 早朝にずぶぬれで帰ってきた。

朝食に 自分の球根食べてやがった

前よりもっときれいに枯れていた

後悔

あの日の空 あの日の雲

今欲しい すべてを

去年のぼくはみな持っていた。

無くなるはずないと

破れたポケットに放り込んでいた

いつ なくしたのかも知らない

今思えば ぼくか君が 君がぼくか 

わからないくらい 愛していた

今 暗闇で 本を読んでも

いつの間にか君が 主人公

ページを逆に めくれたらいいのに

神様 一度だけでいい 逆走させてください。

今、手を君にかざしてみたら

君のぬくもりは掴めるけれど

君は誰かと話してる

おれは古いアクセサリーの

一つに過ぎないのか

もう一回戻ってきてくれと

君に投函しない手紙を書いた。

黒い紙に黒いペンで

誰にも読めないように


雨が雨に濡れて

又その雨が雨に濡れる

繰り返し繰り返す世の中

誰もみんなかわいそうなね

あの日この人その人

もっともっとたくさんの人が

雨粒になり下がる

 

負けたくないから もっと強い雨になり

隣も又強い雨になる

強く強く激しく アスファルト打つ

強く強く悲しく

 

泣きたくなきゃ自分で泣き止めよ

涙なんて際限ないでしょ

 

一人でいい 灯になってくれないか

いつかのランドセル送りの様に

1本のろうそくに火が付けば

248本と増え続け

やがて光の輪になり

空の虹となる

 

勇気を出して

大丈夫だよ、、できるよ だれもが

神様はどんなに弱い手でも

強く握って 話さないでくださる。

例え どんな汚い手でも強く強く

 

 黄昏 

あなたに尽くし尽くした人生

 あなたの胸に響く女にはなれなかった

 あなたばかり見てたか自分を見なかったっから。

 ただあなたの古椅子に何もせず座っている

 今は只 只 生まれ変わりたい

 美しくもない 香もない花になりたい

 あなたの足元に毎年 静かに咲きたい

 有りのままの私なんて誰の言葉なの?

 ふざけるな 有りのままで彼の隣に座ろうものなら

 人差し指と親指で弾き飛ばさたわ 

 消しカスの様に

 ためらいも 罪悪感もなく 

 そう、無意識かもしれない

 いつも いつも いつも そうなのよ

 こんな男を愛することは罪、罪、罪

 こんな男を愛することは心が許さない

 だから だから

美しくもない 香もない花 種もない花になりたい

 あなたの足元に毎年 静かに咲きたい